300万円程度からの小さいカフェ開業資金と始め方紹介

小さく開業

カフェを開業してみたい❕と思っている方は、

結構いらっしゃいます。

 

さて、いくら掛かるのかな・・・と考えますが、いくら

掛けることが出来るのか?で考えてみる事をお勧めします。

 

そんなに立派に開業する必要はあるのか・・・❓とか、

私たちみたいに副業的に取り組むのも、いいかもしれません。 

 

開業資金、何が必要⁇
  • 物件取得費
  • 内装工事費
  • 厨房機器購入費
  • 開業後の運転資金

等々

 私たちも、店舗物件をネットで検索したり、実家のガレージを

改装しようかと、メーカーさんとも何度か打合せしました。

 

ですが、お金がかかり過ぎるので、断念

今はキッチンカーを固定店舗とし、細々と営業しています。

(対面ではなくウーバーレストラン)

 

 

 

一般的にカフェを開業しようとした場合、どんな感じで

どのくらいの資金が掛かるのか、ご紹介いたします。

 

居抜き物件の費用

優良な居抜き物件

即営業が可能な優良な居抜き物件であれば、

店舗取得費と運転資金で開業できそうです。

 

運転資金とは?

  • 仕入れ代
  • 人件費
  • 家賃
  • その他諸々経費

を指します。

この場合、費用は200~300万円で済みそうです。

オープンして直ぐに繫盛すればいいですけどね・・・

 

実際、開業して直ぐに売り上げや運営が上手くいかない場合が多く、

スタッフが定着しなかったりして、求人費用などの

不要な出費が重なりやすくもあります。

 

ある程度、資金に余裕が無いと、仕入れ費用など確保しにくくなり、

営業がままならなくなってしまいます。

 

開業後、数ヶ月で売り上げが安定してくれば、資金計画が

立てやすくなってきます。

 

それまでの間は、運転資金として現金を持っておく

必要があります。

 

一般的な居抜き物件

一般的な居抜き物件の場合、多かれ少なかれ修理や設備投資

必要です。

 

一般的な居抜き物件、どんなことに費用が必要❓
  • 店舗の内装
  • エアコン
  • 給湯器
  • 排気システム
  • 必要な厨房機器

これらが揃っていないことが多いです。

このままではカフェを開業出来ませんから、様々な

手直し工事、修繕、追加購入が必要となります。

 

店主
店主

とは言え、スケルトンから準備するよりは、断然格安です。

 

厨房機器

前のオーナーが残していったものでも、使えるかどうかは

分かりません。

 

私たちの購入したキッチンカーには、コンベクションオーブン

備え付いていました。 

 

しかもプロパンガス式だったので、ガス屋さんを苦労して

見つけて、動作確認してもらいましたが、結果故障していました。

 

古い機器だし、今更修理も出来ない・・・という事で、

撤去してもらうことに。

 

その費用は2万円かかりました。

なので、残留物には注意が必要です。(笑)

 

 

新たに買い足す必要のある機器もあるでしょう。

買い足す機器の種類や、台数によっては費用は変わってきます。

 

100万~200万以上は掛かって来るでしょう。

 

内外装費

内装状態が悪ければ、店舗のクロスを全て張り替える事もあり、

その場合、100万位掛かる場合もあります。

 

店舗の入り口や外観、看板などのリニューアルをする場合、

更に100万円以上は必要でしょう。

 

この様に、一般的な居抜き物件の場合、500万円位

見ておくと良いです。

 

スケルトンの場合

スケルトンの場合は、何もない状態なので、全て足し算

方式で考えていくことになります。

 

  • 物件取得費用
  • 運転資金
  • 厨房機器の購入費
  • 工事費

等々。

 

そして、スケルトンの場合、居抜き物件に比べて、工事費が

高くなります。

 

工事費は、オーナーの趣味嗜好やテーマなど、拘れば拘るほど、

費用が高額になって行きます(^^;)

 

工事してもらって、始めて椅子やテーブルを置けます。

この費用も必要です。

 

客席数による開業費の違い

10席以下のカフェの場合

小さなコーヒー屋さんであれば、小型製氷機や

小型冷蔵庫などで済み、費用を抑えることが出来ます。

 

私たちは、キッチンカーベースで機器を購入してきましたから、

家庭用のオーブントースターやミニの冷蔵庫、

家庭用ポータブル電源など、少ない費用で始められています。

 

10席以下のカフェなら、店内も狭いわけですから、

店舗取得費や運転資金も少なくて済むでしょう。

 

  • 物件取得費・・・50万
  • 運転資金・・・50万
  • 厨房機器購入費・・・100万
  • 内装工事費・・・300万

位でしょうか。

 

30席のカフェの場合

小型物件に比べると、空きが多くて、好みの物件

選べるかもしれません。

 

  • 物件取得費・・・100万
  • 運転資金・・・100万
  • 厨房機器購入費・・・200万
  • 内装工事費・・・800万

位でしょうか。

軽く1000万円を超えてしまいますね💦

こじんまりとしたカフェを開業するなら、10席以下の物件が

おススメです。

 

ビジネス的にガッツリ稼ぐ❣という場合は、20坪以上の

広い物件が良いでしょうねぇ。

 

コンセントによる違いの資金の目安

席数が同じでも、お店のコンセプトによって、開業資金の

金額が大きく変わってきます。

 

回転率重視の店舗

大手コーヒーチェーン店のように、単価が安く、

回転率重視のお店なら、椅子やテーブルは汎用性のある

比較的安価なもので良いでしょう。

 

長時間利用の店舗なら初期投資は膨らむ

回転率の悪い長時間滞在型店舗であれば、長く座っていても

疲れにくい、椅子やテーブルを準備する必要があります。

 

その為、初期投資は高額になるでしょう。

回転率重視タイプの店舗の2倍くらいは、見積もっていた方が

良さそうです。

 

資金調達

資金調達にも様々な方法がありますね。

自己資金だけでなく、借り入れをしている人も多くいます。

 

私たちも、ローンを組んだり、借入も検討しました。

ですが、返済していくのがやっとになったり、売り上げが

確保できなかった時のことを考えると、やはり大きくお金を

掛けることはできませんでした。

 

お金を借りる以外にも、補助金や助成金があることも、

調べておきましょう。

 

クラウドファンディングを利用するといった手段も

ありますね。

 

但し、活用できるには狭き門です。

 

【小さなコーヒー屋さん】に落ち着いた私たち

こんな感じで、カフェを開業するには、多かれ少なかれ、

まとまった資金が必要となります。

 

ありがたいことに、私たちは実家のガレージを無人販売に、

お庭にキッチンカーを置かせてもらえるので、家賃は

掛かっていません

 

それに勿論、夫婦二人でやっているので、人件費も

かかりません。

 

大抵の場合、家賃と人件費のコストが高くなりがちです。

ですが、売上を作っていくには削れない部分でもあります。

 

小さなコーヒー屋さんであれば、開業資金を抑えることが出来、

毎月のランニングコストは低く抑えられます。

 

加えて、テイクアウトやネット販売などにも力を入れて、

大きな売上を作っていくことも出来ます。

 

損益分岐点を考慮しつつ、やはり経費もしっかりと

見つめていきたいところ。

 

今回はこんな感じになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。
タイトルとURLをコピーしました