コーヒー豆の保存どうしてる?セリアのキャニスターが安くておすすめ(^^♪

コーヒーの事

本日も無事に駕与丁公園出店、終了しました❕

暑い中、イエロートラックにご来店、ありがとうございました。

 

この記事では、私たちが創業当初から使用している、

コーヒー豆の保存容器について書きます(^^)/

私達の初めての出店、博多ファーマーズマーケットは、

コーヒー豆のみの販売。

 

いきなり袋詰めしないで、お客様に豆を見てもらってから

ご購入の際に袋詰めしていました。

 

篠栗町、観音寺の観音市に出店時

その際、透明のキャニスターが非常に便利♪

 

当店がお金をかけるところ
  • 高価な生豆の仕入
  • チャック袋などの包材

 

当店がお金を掛けないところ

まぁその他諸々、ほとんどなのですが(笑)

  • ポップ類を手作り
  • 焙煎器は家庭でも使えそうな小さなもの
  • キッチンカー取得は中古車で
Amazon|KAKACOO コーヒーロースター コーヒー焙煎機 小型業務用 家庭用 焙煎器 透明直火式 110V|手動ロースター オンライン通販
KAKACOO コーヒーロースター コーヒー焙煎機 小型業務用 家庭用 焙煎器 透明直火式 110Vが手動ロースターストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

 ↑

当店愛用のバイセン機♥

今は、価格が下がっているようです。

 

そんな感じで、コーヒー豆の保存容器や店舗装飾用品も、

良くセリアやダイソーにお世話になっています。

趣味でバイセンを始めた頃は、ハリオのガラスキャニスター

買ったりしました。

 

Amazon|HARIO (ハリオ) 珈琲キャニスターM ブラック MCNR-200-B|保存容器・キャニスター オンライン通販
HARIO (ハリオ) 珈琲キャニスターM ブラック MCNR-200-Bが保存容器・キャニスターストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

とにかく数が欲しかったので、セリアのプラスチック製キャニスター

たくさん買いました(^_-)-☆

博多駅、KITTE内4Fにセリアがありますから、博多ファーマーズマーケットに

出店中に、買い物したりしていました♫

 

とってもおすすめ、コーヒー豆の保存キャニスターをご紹介します。

 

セリア シンプルストックボトル110円(税込)

サイズも大と小あるので、100g~と200g~とで、分けて

入れたりしていました。

但し、完全密封では無いので、長期保存には向かないかと思います。

当店ではここから、冷凍庫へインしています(#^^#)

 

豆のままの保存であれば、1か月は充分美味しさは保てます。

 

 

セリアキャニスターはスクリューキャップなので、開閉も楽々です💕

プラスチック製で軽いから・・・

 

店主の妻
店主の妻

女性でも扱いが楽です。

セリアキャニスターに入る豆の量

セリアキャニスター大サイズ

浅煎りの豆であれば300g楽に入ります。

深煎りの豆は容量が増えるので、250gに抑えた方が良さそうです。

セリアキャニスター小サイズ

浅煎りの豆であれば200g

深煎りの豆であれば100g~150g入ります。

※ご自身で試してみてくださいね( *´艸`)

 

大サイズは深さがある分、洗う際、スポンジが届きにくいかもしれませんね(笑)

でも充分洗えるので、清潔さも保てて〇マルです。

 

100均でも充分なオシャレさ

ガレージ無人販売でもこんな感じで、置いていました~。

衛生面も考慮して、今は、チャック袋に入れて置いてます!

 

こちらは、イエロートラックのショーケース部分です。

バイセン豆を並べています♡

 

まとめ

ずっと販売用、保存用にと使ってきた、セリアのプラスチックキャニスター・・・

今は、自分達で消費するコーヒー豆の保存に大活躍です。

 

販売用は⇒

ガレージ無人販売で、棚に並べるようになったので、

チャック袋に変更しています。

お近くにセリアがありましたら、ご自宅のコーヒー豆の保存に

ご購入いかがでしょうか。

 

安くて、オシャレ、使いやすくておススメです。

勿論、自家バイセンコーヒー豆屋さんにもオススメ致します(^^♪

 

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。
タイトルとURLをコピーしました