スペシャルティコーヒーって何⁇今さら(笑)人に聞けない・・・

コーヒーの事

「スペシャルティコーヒー」・・・

店主
店主

コーヒー好きな方なら、一度は耳にしたことがあるかと思います。

最近では、海外発のカフェなどで、スペシャルティコーヒーを飲めるように

なって来ました🎶

 

名前の通り特別感があるコーヒーだとは想像できるかと思いますが、

その意味や定義を語れる方は、少ないかもしれません。

 

この記事では

「スペシャルティコーヒーとは何か?」を解説します。

 

スペシャルティコーヒーとは❓

「スペシャルティコーヒー」とは一定の基準をクリアした、

ハイクオリティのコーヒーの事を指します。

元々は1970年代にアメリカで使われ出した言葉で

  • 特別な気象
  • 地理条件
  • ユニークな味覚・香気

などを持つコーヒーを「スペシャルティコーヒー」と読んでいました。

 

それは、美味しいコーヒーを追求していく基準となりました。

 

日本では、日本スペシャルティコーヒー協会が以下の様に定義しています。

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup)
(出典:SCAJ「スペシャルティコーヒーの定義」より抜粋)

  

スペシャルティコーヒーを理解するうえで、重要な3つのポイント

  • 『サステナビリティ』
  • 『トレーサビリティ』
  • 『カップクオリティ』

この3つの要素について解説します。

 

サステナビリティ

「サステナビリティ」とは、持続可能性のことで、品質の優れたコーヒーを

提供していくことに、生産現場において配慮していくこととなっています。

  • 環境
  • 社会問題
  • 経済

これらの事が、スペシャルティコーヒーを生産・取引をしていく上で、重要視されています。

 

トレーサビリティ

「トレーサビリティ」とは、

  • 追跡
  • 遡及性

といった意味を持ちます。

 

近年、食の安全性が注目され、消費者のトレーサビリティへの関心

高まっています。

コーヒー豆に対してのトレーサビリティ

  • コーヒー農園の栽培環境
  • 栽培状況
  • 肥料、農薬の種類
  • 流通経路情報

これらの情報を提供することが、重要になってきています。

 

消費者に届けられるコーヒー

美味しいだけではなく

安全なもの

というのが、スペシャルティコーヒーの考え方になっています。

 

カップクオリティ

店主
店主

カップクオリティとは、コーヒー豆の品質のことを指します。

ここでは、特別な地理的、気象的条件、栽培技術、精製処理技術により

更に優れたコーヒーの抽出液の風味を持っていること

求められます。

 

スペシャルティコーヒーの評価基準は、各協会で決まっており、

世界共通ではありません。

ですが、トレーサビリティが明確で、カップクオリティが高いものが、

スペシャルティコーヒーと称されます。

  

カップ評価は・・・
  • フレーバー
  • アフターテイスト
  • アシディティの質
  • ボディ
  • クリーンカップ
  • スィートネス
  • バランス
  • 総合評価

など、100点満点で評価される。

SCAカッピングの基準では80点以上のものを、スペシャルティコーヒーと呼びます。

 

という訳で、今回はスペシャルティコーヒーって何⁇という疑問について

書いてみました(‘ω’)ノ

次回、別の記事でスペシャルティコーヒーの

  • 評価基準や定義
  • 通販でも買えるスペシャルティコーヒー

をご紹介します✨✨

 

又、読みに来てください♫

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。
タイトルとURLをコピーしました