コーヒー豆のみ販売から、『夢の1杯売り』へ、好きなことだから続いてきた

小さく開業
店主
店主

ずっと許可の要らないコーヒー豆の販売をして来て、

「夢」であった1杯売りを実現できましたww

 

コーヒー豆を趣味でバイセンしだして、8年余り。

販売するようになったのは、4年前。

 

但し、コーヒーを抽出したものは販売するのに、食品衛生営業許可証が

必要な為に、ずっと高いハードルと感じていました。

 

この記事の結論
  • 豆の販売から1杯売り出来るようになったストーリー
  • 好きなことをコツコツ続けて行くこと

 

といった事をお伝えできればなぁと思います(^_-)-☆

 

私たちが取り組んできたことは、シンプルではありますが、

やる前にはやはり腰は重くもなるもの💦

 

そこを何とか乗り越えてきた❣という感じです。

 

店主の妻
店主の妻

自分でバイセンしたコーヒーを販売してみたいと思ってる方、

ゆるっと読んでいただけたら嬉しいです♡

 

初めてのイベント出店は『博多ファーマーズマーケット』

その頃、国がやっている創業支援の施設に、「コーヒー豆を売ってみたい」と

足繫く相談に行っていました。

 

コーディネーターの方から提案されたのが、博多駅前広場で開催される、

マルシェに出店してみたら~⁇と・・・

 

豆のみの販売なら、野菜と同じように売れる❕ということで、

それに向けて準備を開始しました。

(2021年6月から営業許可が必要となりました)

 

店主の妻
店主の妻

制度が変わったため、食品衛生責任者の資格を急遽、取得しました💦

創業前、私は、ココナラでデザインを依頼して、印刷会社に印刷してもらって、

店舗のロゴやパンフレットは、少し凝ったものを作ってました。

 

今は簡単に、印刷会社のテンプレートで済ませたり、

canvaで自分でデザインしたりしてます(#^^#) 

 

創業前、パッケージもパンフレットも1からの作成で、てんてこ舞いでした(^^;)

 

販売するものによって許可が必要

イベント出店の度、対面販売で

私たちはコーヒー豆を数種類持参し、挽いてほしい方にはミルでその場で挽きました。

 

その他ドリップバッグコーヒーのお徳用として、チャック袋に10個の

ドリップバッグコーヒーを入れたものを、初出店価格1,000円で販売したところ、

飛ぶように売れていきました( *´艸`)

 

現在はコーヒー豆だけの販売でも、許可が必要になっています。

そして、販売するものによっての許可の違いは以下の感じです。

 

販売するもの、必要な許可
  • コーヒーや軽食、その場で飲んだり食べたりするもの⇒『露店飲食営業許可証』
  • コーヒー豆の販売⇒『営業届』
  • コーヒーと一緒に自作のお菓子も販売⇒『菓子製造業許可』

 

あなたは何が売りたいですか❓

自分が売りたいものを決めて、必要な許可を調べてみましょう♬

 

マルシェによってテーブルなどない所も

そこから『博多ファーマーズマーケット』には2年ほど年間15日ほど(大雑把(笑))

出店していました。

 

他にも他県のハンドメイドイベントや、イケアの前での出店、

中洲の夜市にもいきました~(しみじみぃ)

 

 

色々な出店を経験していくことが、この頃の楽しみでもありました♫

出店場所によっては、テーブルなどない所もあったりして・・・

 

直ぐに買いに行ったり、テーブル、電気のコンセントなど、

レンタル料金を支払うイベントもありました。

様々な場所で、今思えば、とても良い経験をさせてもらいました。

 

その頃からキッチンカーへの憧れはありました✨✨

車両取得費、その他諸々考えると、やはり費用が高額になってくるので、

いつも考えては断念(笑)

 

ですが、自分でバイセンした豆のみを売ってみたいと思われたら、

そんなにハードルは高くない事をお伝えします📢

私たちがそうでしたから(‘ω’)

 

私が感じる、マルシェ対面販売とキッチンカー販売それぞれについて

思うことを下記に記します。

 

マルシェ対面販売形式のメリット・デメリット

〇対面販売形式は初期費用がリーズナブル

店主の妻
店主の妻

私は、主に備品購入、パンフレットのデザイン&作成料などで

15万円程、開業費としました。

 

名刺も作ったり、ギフト用の包装紙からボックスまで、

豆を入れるパッケージなど、買いそろえました。

 

但し、会場での荷物の運び込み、設営はとっても大変🌀

小さな引っ越しといった感じです💦

 

なるべく小さく始めて、でも賑やか感は出すと良いと思います(‘ω’)ノ

ポップなど知人に作ってもらい、賑やかにしていました。

今見返すと、かなりのモリモリ感(笑)

 

キッチンカー形式のメリット・デメリット

 

駕与丁公園、初出店時

キッチンカーはやはりお金は掛かりました(^-^;

中古車屋で購入したのですが、車輛取得費用とは別に、

点検費用など20万30万と

どんどんと掛かってきます。

 

購入してみて、保険代、ガソリン代、結局故障していたオーブンの

撤去費用など、どんどんとお金を使いました。

 

但し、出店時の準備や営業はとても楽々です💕

そして、キッチンカー自体が宣伝効果、デザインでお客様を呼んだりできるところが、

とてもありがたい存在ではあります。

 

本当にのぼり一つ持っていくのも、自分で会場設置なら大変ですが、

キッチンカーはポーンポーンと積み込めるので、本当に楽です♪

 

まとめ

今回は、コーヒー豆を売ってみたい方に向けて、私達の辿った道のりを

ちょっとご紹介しました(^^)/

豆のみの販売から始めて、4年経ってキッチンカーで「夢」の

1杯売りを実現できました✨✨

 

キッチンカー取得についても記事にしていこうと考えています。

タイトルとURLをコピーしました