バリスタの仕事内容と年収!魅力とやりがいを紹介

コーヒーの事
店主
店主

バリスタとは具体的にどういった事をするのでしょうか?

店主の妻
店主の妻

バリスタの年収や仕事内容などもご紹介します。

 

この記事を読むと
  • バリスタとは何か?
  • 仕事内容・年収
  • バリスタになる方法
  • バリスタに向いている人・向いていない人

 

などが分かります。

是非最後までお読み下さい

 

この記事を書いた人

アラフィフ主婦で、小さなコーヒー屋さんをやってます。

✅夫が趣味で始めた焙煎コーヒーを、売れるように後押し

✅実家のガレージでコーヒー豆を、無人販売

✅キッチンカーを取得して、やっとコーヒーの1杯売り

✅無人販売やキッチンカーは、細々と副業的に

 

バリスタとは?

 

コーヒーを淹れることを職業にする人の事を指します。

  

バリスタが活動する場所

  • カフェや喫茶店
  • バー

 

「バリスタ」という職業が耳にされるようになったのは、

ここ数十年の事。

 

サードウェーブコーヒーなどの流れから、カフェが日本人に定着して、

コーヒーチェーン店でも「バリスタ」と名乗る方が

増えてきた為、耳慣れた言葉になってきました

 

バリスタという名前の由来

バリスタは

bar(バール)+ista(サービスを提供する人)

から成り立っています。

 

バールとは・・・イタリアの喫茶店のようなものを指します。

バールでカフェメニューを提供する人、といったところです。

 

 

バリスタの仕事内容は?

 

店主
店主

バリスタの仕事内容は、コーヒーを淹れることがメインです。

 

店主の妻
店主の妻

但し、ただコーヒーを淹れることだけではありません。

 

コーヒーの知識や技術を最大限に活かして、最高の1杯

お客様に提供します。

 

バリスタの仕事内容あれこれ
  • 接客
  • コーヒー豆の選定
  • 発注
  • コーヒーマシンのメンテナンス
  • ラテアート

 

色々な方法で抽出

バリスタは挽いた豆を、色々な方法で抽出出来ることが条件です。

求める味によって、コーヒー豆の選出もしていきます。

 

他にも色々な要素に気を配ります。

  • 焙煎の度合い
  • 豆の挽きかた
  • 抽出方法
  • 使用する器材

お客様のニーズにこたえて、最高の1杯を提供します。

ご要望を引き出していく、トーク力も必要です。

 

バリスタの年収

  

 

バリスタの年収は様々。

300万円~400万円が全体の50%を占めているそうです。

 

大きく分類すると

  • チェーン店で社員として働く
  • 独立する

が挙げられます。

 

チェーン店で働く場合

チェーン店で働く場合、バリスタの平均年収は330万円程とされています。

バリスタ止まりではなく、役職を上げていくことで、

年収アップに繋がるでしょう。

 

所詮、雇われの身ですので、時間給計算で給料が決まってしまうことが

多いです💦

 

特に、始めの内は、他業種より低賃金となっています。

その様な理由もあって、転職する人も多いようです。

 

独立する場合

独立してお店を開く場合、年収は大きく変わりますよね(笑)

お店の売上自体、立地などによって大きく左右されます。

 

売り上げだけではなく、経費も考えながら営業していきますから、

赤字になる月もあるでしょう・・・

 

統計データでは、ある程度のお客様に恵まれれば、

年収500万円という事です。

 

1000万円以上稼ぐバリスタも、勿論いるので、

お店の繫盛具合、それにプラスして、メディアへの

露出具合も関わってきそうです。

 

店主
店主

いづれにしても、自営業は青天井。

会社員は限界があるという事です。

 

バリスタになるには?

 

意外にも、バリスタになるために、資格は不要です。

但し、コーヒー豆の知識や器械についての知識は

必要不可欠です。

 

その為、経験がモノを言うという点はあります。

それらの知識や技術を学ぶ必要はあります。

 

方法としては2つあります。

バリスタになる方法
  • 専門学校に通う
  • お店で働きながら、経験を積む

 

専門学校に通う

1年ほどカフェの専門学校に通い、必要な知識や技術を習得します。

その後は、現場で実践を踏んでいく流れとなります。

 

店主の妻
店主の妻

学校でインプットし、現場で実践を積みながらアウトプットしていくことで、

経験が積みあがっていくでしょう。

 

お店で働きながら、経験を積む

こちらの場合、先ずはアルバイトからスタート。

日々、現場で実践しながら学んで行けます。

 

場合によっては、個人店では、オーナーしかコーヒーを

淹れさせてもらえない・・・なんてこともあるので、

大手コーヒーチェーンで働くことが望ましいかと思います。

 

客数も圧倒的に多いですから、たくさんコーヒーを淹れて、

着実にステップアップ♪

 

アルバイトから社員に昇格しても良いかと思います。

 

カフェの専門学校とアルバイトの両立もおススメ

そして上記の2つを両立していくのは、理想的です。

専門学校に通いながら、アルバイトするという事です。

 

その日、学校で学んだ事を、バイト先で実践できるかもしれません。

店主
店主

非常に効率が良く、理解が深まりますね♫

 

インプットとアウトプットが当日に出来るって、凄いですね。

 

 

バリスタに向いている人。向いていない人

 

バリスタに向いている人とは❓

どんな人でしょうか。

 

バリスタに向いている人は・・・

  • 根っからのコーヒー好き
  • お洒落な空間が好き
  • 人と接するのが好き

 

コーヒーが好き

1つ目はコーヒーが好きという事です(^^)/

✅コーヒーを良く飲む

✅コーヒーを飲む時間を、大切にしている

 

コーヒー好きな人にとっては、コーヒーに関する知識を深めていくことに

抵抗が少ないかと思います。

 

その為、楽しみながら知識や技術を身に付けていけることと思います。

 

お洒落な空間が好き

2つ目はカフェや喫茶店の様な、お洒落な空間が好きだという事。

特に女性にこの傾向は強いかと思います。

 

男性は、逆にカフェや喫茶店のようなお洒落な空間が

落ち着かない人も居るかもしれませんね(^^;)

 

 

カフェや喫茶店の様なお洒落な空間が好きな人にとっては、

バリスタとして働くことが、モチベーションアップに繋がるでしょう♪

 

職場が、自分の好きな空間であれば、言う事なしですね♡

仕事にも打ち込めることと思います。

 

人と関わるのが好き

3つ目は、人と関わるのが好き・・・という事です。

コーヒーを淹れるだけではなく、お客様とのコミュニケーションも

大事な事です。

 

お客様のご要望にお応えするべく、ヒアリングをして、

ぴったり当てはまる1杯を提供するのにも、会話が大切ですよね。

 

店主
店主

1杯のコーヒーで、お客様に幸せを与えるのが、バリスタの役目です。

 

バリスタになるためのおススメの資格

 

バリスタになるために、特別な資格は不要です。

バリスタは国家資格ではない為です。

 

ある程度の経験を積んだら以下の資格を取得すると、

良いと思います。

 

 

おうちでもバリスタの味を再現してみよう❣

 

バリスタの味をおうちでも楽しむ方法として

  • 器具を使ってみる
  • 豆にこだわる

事をおススメします( *´艸`)

 

ネスカフェバリスタを利用する

「ネスカフェバリスタ」はコーヒーマシンの一つです。

お好みのコーヒーをネットで注文して、家に届いたものが

飲めます。

 

マシンの操作は簡単で、手軽に美味しくコーヒーを

飲むことが出来ます。

 

手軽に豊富な種類のコーヒーを飲めるので、沢山の

家庭に普及しています。

 

まだお持ちでなかったら、この機会にいかがでしょうか。

 

  

 

美味しいコーヒー豆を購入する

美味しいコーヒーには、美味しい豆が基本です。

お好みの豆をネットで気軽に買えると、尚いいですね♬

 

店主の妻
店主の妻

勿論、当店の煎りたての豆もおススメです💛

 

まとめ

ここまで、

  • バリスタの年収
  • バリスタの仕事内容
  • バリスタになるための、向き不向き
  • おススメの資格

などご紹介しました。

資格など不要で、経験がモノを言う職業だという事

分かりました。

 

お客様とのコミュニケーションも不可欠・・・

コーヒー好きなら、好きなものにずっと携わっていられるから、

素敵なお仕事と言えそうです✨

  

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。
タイトルとURLをコピーしました