世界のコーヒー豆特徴一覧!国別ごとの味わい

コーヒーの事

コーヒーは世界で最も飲まれている飲み物です。

そして石油に次いで、貿易規模が大きい一次産品であり、

経済上も重要視されています。

 

コーヒーはコーヒーベルトと呼ばれる

北回帰線と南回帰線の間の約70か国で栽培されて、

  • アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 日本

などに輸出されています。

 

店主
店主

早速、国ごとの豆の特徴をご紹介しますね。

 

ブルーマウンテン【ジャマイカ】

卓越した上品な香り、調和のとれた味、軽い口当たりと

滑らかなのど越しが特徴です。

 

最高級の豆と言われています

ジャマイカで生産される、ごく一部の産地のものが

「ブルーマウンテン」と名付けられています。

 

その中でも更にランク付けされています。

 

コナ【ハワイ島】

非常に強い酸味とコク、風味を持ちます。

ブレンドに少量加えると良質な酸味を与えるとされ、

ブルーマウンテンに次ぐ高級豆

 

 

キリマンジャロ【タンザニア】

タンザニア産のコーヒーで、日本では「キリマンジャロ」と

呼ばれている。

 

強い酸味とコクが特徴です。

「野性味溢れる」と評されることが多いです。

 

深煎りで上品な苦み主体となり、浅煎りではまた違った風味が

楽しめます。

 

モカ【イエメン】【エチオピア】

優れた香気を持ち、独特の酸味があります。

最も古いブランドとされています。

 

コーヒー原産地で、イタリアではコーヒーの事を

「モカ」と呼びます。

 

イエメン産・・・マタリー

エチオピア産・・・ハラー、シダモ

が有名です。

 

グアテマラ

優れた酸味とコクがあり、薫り高く、全体的に華やかさと

切れのいい後味が特徴です。

 

ブラジル

甘い香りが軽快な、酸味とコク、苦み共にバランスが良いです。

安価であることから、ブレンドのベースに良く使われます。

 

コロンビア

重厚な酸味とコクがあるが、突出せずにバランスがいいです。

安価なので、ブレンドコーヒーのベースに使われることが多いです。

 

コーヒーの基本の味でもあります。

 

マンデリン【インドネシア】

スマトラ島産です。

苦みとコクが中心な味わい。

 

酸味は無く、独特な後味があります。

 

ブルーマウンテンが現れるまでは、日本では世界一と

評されていました。

 

トラジャ【インドネシア】

スラウェシ島産です。

苦みが中心の味で、非常に濃厚なコクを持ち、酸味は無いです。

 

「カロシ・トラジャ」又は単に「カロシ」という名称が

使われることもあります。

 

ジャワコーヒー【インドネシア】

ジャワ島産の、主にアラビカ種のコーヒーを指します。

かつての大産地で、モカとブレンドした「モカジャバ」は

最初のブレンドと言われています。

 

ですが、葉さび病と経済恐慌で、産地が大打撃を受けたため、

産出量が減り、目にすることは稀です。

 

現在入手できるものは、マイルドな味わい。

ジャワ島で生産される豆は、ロブスタ種がメインで、

アイスコーヒー、工業用やエスプレッソに用いられています。

 

数少ないアラビカ種は、ジャワアラビカと呼ばれています。

ケニア

フルーツのような爽やかな風味が特徴です。

全体的に強い風味でバランスが良いです。

 

深めの焙煎が多いのも特徴です。

強く主張する味は無く、全体的に甘く上品で

柔らかな味わいです。

 

コスタリカ

酸味系で苦みが余りない、軽めでクリアな飲み口です。

 

パプアニューギニア

浅煎りなら、軽くて癖のない風味、

深煎りならキレの良い強い苦みとコクのある風味です。

 

良質な香りも特徴です。

 

キューバ

ブルーマウンテンに似た、軽くてバランスの良い風味と

上品な香りが特徴です。

 

ドミニカ共和国やハイチなど、カリブ海地域の

「島産コーヒー」は総じて、似ている風味です。

 

インド・ベトナムなどアジア地域

ベトナムやネパール、中国など、近年になって

アラビカ種の輸出に乗り出した地域では、人気のある

中南米産の苗木を導入しているのですが、気候や土壌、

生産技術の違いから、同じ品種でも独特の風味を持っています

 

中南米地域産に比べて、重めの風味を持ち、

酸味は控えめで、香りもやや弱くなる傾向にあります。

 

まとめ

 

店主
店主

ザっとですが、主な生産国の豆の特徴をご紹介しました。

 

店主の妻
店主の妻

小さなコーヒー屋さんでも、できる限り色々な豆を取り寄せています。

以前利用していた、生豆の卸売業者さんは、品質がいまいちで、

現在の仕入れ先に変えました。

 

国や品種が同じでも、程度の低い生豆を売っている業者さんも💦

しっかり見極めて、美味しいコーヒーを提供していきます❕

 



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。
タイトルとURLをコピーしました