ミル付きコーヒーメーカーおすすめランキング7選

コーヒーの事
店主
店主

コーヒーメーカーも良く使いますが、やっぱり豆から淹れられるものを

使っています。

 

店主の妻
店主の妻

実家にもミル付きコーヒーメーカーをプレゼントしました♬

 

我が家でも使っていて良かった

ミル付きコーヒーメーカーも、ご紹介します♪

 

機種をお勧めしていく前に・・・

色々なメーカー、大手コーヒーメーカーからも全自動コーヒーメーカーは

販売されていますが・・・

ハンドドリップを再現できていない、コーヒーメーカーも多い(;´・ω・)

というのはあります。

 

そこでこの記事では、美味しさ重視で見ていきたいと思います。

 

美味しさの基準とは?
  • 蒸らし、ムラの無いドリップが出来ているか
  • 抽出するお湯の温度は適温か

これらをクリアできていないマシンは外していきます(^_-)-☆

 

ミルにこだわっていないコーヒーメーカーも多い

 

全自動コーヒーメーカーで一番の要と言ってもよい、

ミルの部分にこだわっていないマシンが多いのも実情です💦

 

ミルにこだわっていないマシンは、粒の大きさがバラバラで

味が濁ってしまうマシンもあります。

 

大切なポイントを踏まえて選びました(^^)/

ハンドドリップと同じ様な抽出

 

ハンドドリップと同じ様なクオリティでドリップ出来ているかは、

重要です。

 

美味しく抽出するために・・・

①蒸らしは適切か

②シャワーはきちんと掛かっているか

③抽出のスピードは適切か

 

を見ていきます。

 

お湯の温度管理

コーヒーの抽出において、お湯の温度は重要です。

沸騰しすぎていても、雑味や苦みが出てしまい、風味が

損なわれてしまいます。

 

①抽出に適正な温度か

②湯温の調節は出来るか

 

をチェックします♪

 

ミルの能力

ミルの能力は味にとても影響します。

摩擦熱が加わりすぎると、風味が飛んでしまいます。

 

①挽き目にバラツキはないか

②摩擦熱は抑えられているか

③音はうるさくないか

 

こちらも見ていきます。

 

以上を踏まえて、ミル付きコーヒーメーカーを選んでいきます‼

店主
店主

それでは、上記のような基準の元、ご紹介していきます❣

 

第一位 ツインバード 全自動コーヒーメーカーCM-D465B

 

日本スペシャルティコーヒー協会の元会長が監修した

コーヒーメーカーです。

 

上記の条件をパーフェクトで満たしています。

下手なハンドドリップより美味しくできます(笑)

 

調節機能は色々付いていますが、操作は簡単で、直感的に

操作できます。

 

店主の妻
店主の妻

喫茶店レベルのコーヒーが毎日飲めるから、コスパ最高です✨✨

  

Amazon | ツインバード 全自動コーヒーメーカー ミル付き 臼式 6杯用 蒸らし 湯温調節 ブラック CM-D465B | TWINBIRD(ツインバード) | コーヒーメーカー 通販
ツインバード 全自動コーヒーメーカー ミル付き 臼式 6杯用 蒸らし 湯温調節 ブラック CM-D465Bがコーヒーメーカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

第2位 メリタ 全自動コーヒーメーカー アロマフレッシュサーモ

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B081SWNSGW&linkId=0ec28094cb29be280e90947249edc0c1

 

ドイツが誇る、ペーパードリップを開発したメーカー

だけの事はあります。

 

ミルはコニカル刃でとても性能がいいです。

 

10杯分抽出出来て、ステンレスサーバーで保温も可能。

たくさんコーヒーが飲みたい❕という方には

うってつけのコーヒーメーカーです✨✨

 

マイナス面として、湯温の調整が出来ないことを

挙げておきます。

第3位 シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー

 

 

マイナーなメーカーなのですが(笑)

こだわりが素晴らしいです。

 

豆の自動計量器が付いていて、楽ちんです。

忙しい朝は助かりますね(#^^#)

 

ミルは摩擦熱を抑えたこだわりのもの。

サーバーは保温できるタイプなので助かります。

 

少しハンドドリップ感からは遠ざかってしまいますが、

お値段は良い感じです。

 

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B077VSTT7L&linkId=71bb1fbadaad5cde56c721c10767d45d

第4位 パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー

  

Wドリップというコク重視の方法で、

特にミルクと合わせてカフェオレを楽しみたいという方には

うってつけのコーヒーメーカーです✨✨

 

カラーバリエーションもいくつかあるのも、

嬉しいです。

 

Amazonではカラーによって、お買い得機種

あるようです。

 

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01K1QPQC4&linkId=098032044782cc347d3d4d3712c906fb

第5位 クイジナート オートマチックコーヒーメーカー

  

クイジナートからは大容量12カップのコーヒーメーカー

販売されています。

 

12カップも作れるから、家庭用というよりは

オフィスに適していると言えます。

 

抽出したコーヒーの保存容器は、

真空2層構造で、保温性もバッチリです。

 

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B00E597424&linkId=bd0d58e4c7ca87095f5a45c2040fa1a9

第6位 パナソニック 全自動コーヒーメーカー

 

全自動コーヒーメーカーと言えばコレ!

とても有名な機種です。 

 

パナソニックという大手メーカーのブランド力も

相まって、人気商品となっています。

 

但し、味の評価は賛否両論です(^^;)

 

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B07DTDHP7Q&linkId=1a228fba7163b97d7ab92813c395fd4e

第7位 アイリスオーヤマ 全自動コーヒーメーカー

 

豆からも粉からも抽出できるコーヒーメーカーです。

挽き目の調節もできるから、こだわる方にも

大丈夫です。

 

1から4杯の抽出が可能。

カラーバリエーションは黒と白の2色です。

 

家電分野では人気なアイリスオーヤマだけあって、

使い勝手が良くコスパも最強となっています。

 

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=sachicoffee-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B0831DKMQN&linkId=d90fa73a50a0e85379757f0420e3f806

豆から挽ける全自動コーヒーメーカーランキングまとめ

さて今回は、実際に使用しているコーヒーメーカーと共に、

7つの機種をご紹介しました。

 

上位2つがずば抜けて優秀かと思います。

ツインバードのコーヒーメーカーを抜きんでる物は、

しばらく出てこないのでは⁇

 

お読みいただきありがとうございました(^^)/

タイトルとURLをコピーしました