フルーティさを求めるなら、中煎りの豆を

中煎りコーヒー豆 コーヒーの事

父が亡くなってから11年が経ちました。

肺癌だったので最期苦しい状況を見ました。

父が私達に残してくれたもの・・・

私は健康を保ち続ける事が、人生の質を向上させる

健康ならどんなことでも挑戦していける!

父が身を持って教えてくれたんだな・・・

 

コーヒー好きだった父。

今私が、コーヒー豆売ってる

見ていてくれてるでしょうか?(^^♪

 

 

ということで、今回はフルーティなコーヒーを

考えたいと思います。

 

 

コーヒー豆 ネットショップ

コーヒーにあるフルーティさって?

コーヒーの味わいにフルーティさがあるというと

「えっ?」と驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

 
日本酒やワインでもフルーティさって、
ありますよね。
 
コーヒー豆は元は、コーヒーの木になる
実の種、フルーツの種ですね。
 
そう思えば、フルーティな味わいがあることは
想像して頂けるかと思います。
 
深煎り焙煎深煎りは、苦味とコク、そしてビターチョコレートのような甘み。
         焙煎前にはフルーティな味わいは、ひっそりと影に隠れています。
 
深煎りでもフルーティさを感じる豆も有りますが、
どちらかというと私は
中煎りの方が強くそのフルーティな味わいを感じる
思っています。
 
 

甘みとフルーティな酸味は表裏一体

 
 
 
りんごやオレンジは、酸味も有りますが甘くもあります。
これと同じような酸味があるコーヒーは、
良質な酸味と言えるでしょう。
 
焙煎してから時間が経過して、
感じる酸味とは別物です。
口に嫌な酸っぱさが残る、そして刺すような酸味は
古い豆であると考えられます。
 
口の中に甘い余韻が残る、爽やかな酸味、
これこそがコーヒーの持つ本当の酸味。
嫌味なものではないのです。
 
幸珈琲のラインナップでは中煎りにして美味しい豆は
 
★キリマンジャロ
★モカレケンプティ
★グアティマラ
★コスタリカ
 
オススメです。
 
 
 
勿論、この他に
 
★ブラジル
★コロンビア
 
もご要望に応じて中煎りに致します。
 
 
 
特に夏は口の中がさっぱりしますし、午後のおやつタイムには
私は好んで中煎りのコーヒーを飲んでいます(^^♪
 
どっしりした味わいが欲しい時は、深煎りを。
 
フルーツを食べた後のように
口の中を爽やかにしたいなぁと思う時は
中煎りのコーヒー豆を選んでみてはいかがでしょうか?
 
それでは(^_^)/~
 
蒸らし手煎り珈琲
幸珈琲 長 美幸
 
最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを書いている人

とばらサンイチ店主の妻
とばらサンイチ店主の妻
1975年生まれ、子育てはひと段落付き、夫と小さなコーヒー屋さんを運営。
余りお金をかけずに、副業的にコーヒー豆焙煎を楽しむ。

毎日の美味しいコーヒーに幸せを感じつつ、コーヒーの魅力をこのブログで発信中。

目標は好きなタイミングで、行きたい国へ暮らすように旅すること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました