一度はゼッタイ試してみるべき、 ハンドドリップコーヒー!

ハンドドリップ コーヒー コーヒー

ハンドドリップって何だか敷居が高い感じ?

カフェでバリスタさんがする特別なものだと思ってしまいませんか?

私は、専ら夫に、お任せなのですが 笑

コツを掴めば、どなたでも出来るかと思います。

上達してくれば、こうしたから今回のは美味しくなった、とか違いを表現できるようにもなって来ます。

私達は、煎れ方で味の変化を楽しんでいます。

バリスタじゃなくったって雰囲気を楽しんでみる、というのもコーヒーを美味しく味わうことが出来そうです。

ハンドドリップで気をつけることを、まとめてみました。

 

 

ハンドドリップに必要な道具とは?

コーヒーメーカーがあれば中々、買い揃えることも無いかも知れませんね 汗

夫は、3年前に購入したものを今でも大事に使っています。

一度購入すれば、長く使うことが出来ます。

  • ドリッパー
  • サーバー
  • デジタル計り
  • 温度計
  • ペーパーフィルター
  • 口の細くなったやかん

ドリッパーはプラスチック製が手頃でおすすめ。

サーバーは落としたコーヒーを受けるものですね。

計りはやはりデジタル表示のものが良いでしょう。

  • きちんと計っておくことで、味の安定感も得られます。

豆を蒸らす時間は重要なので、タイマーが有れば安心。

ですが、夫の場合いつもしている腕時計で確認しているようです。

温度計は抽出するときのお湯の温度を確認します。

何度か淹れる内に、自分の好みの温度も探れるようになって来ます。

電気ケトルなどでドボドボお湯を入れたら、折角のコーヒー豆から、綺麗に抽出することは出来ないので、やはり口の細くなったやかんは必要です。

ゆぅっくり注いでいく、至福の時間を楽しみましょう♪

 

 

意外と知らない?カップを温める重要性

真夏なら不要かも知れませんが、カップを温めておくことでコーヒーを注いでも冷めにくいです。

コーヒーは熱い内に飲むことが、一番の美味しさを感じることが出来るかと思います。

 

冷めると、苦味やエグみが出てきてしまうからです。

 

(当店の炭焼珈琲なら冷めても、苦味やエグみが出にくいです)

出来ればサーバーも温めておくひと手間で、コーヒーの味がワンランクアップ。

 

 

ドリッパーへ準備

マグカップ達を温めながら、コーヒーのお湯も準備しましょう。

ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、出来れば挽きたての粉を入れましょう。

平らにならし・・・

大体、1杯あたり140〜160ml、豆は10~20g位です。

お好みで♪

私は、大きなマグカップにたっぷり淹れてもらうので 笑

300ml程、淹れてもらいます。

 

 

蒸らしすぎて苦い思い出

蒸らしは非常に重要です。

1杯立てのドリップパック式のものでも全体にお湯を掛けて、30秒待ちましょうね。

とっても簡単ですよ。

 

きれいにまとめられたサイトがありました♪

↓↓↓

自宅で本格「コーヒー」はいかが?美味しい淹れ方とアイテムにこだわって至福の一杯を…

粉全体にお湯を掛けてあげ、ふっくらすれば大丈夫です。

お湯の温度は85〜90度です。

掛け過ぎないように注意してください。

湿らす程度です。

そして30秒・・・

夫は、腕時計で確認しています。

以前話しながら蒸らしていたことがあり、時間にすると1〜2分位経過してしまったことがありました。

その後出来上がりを飲んでみると、驚くほどの苦味が 涙

すぐに淹れ直しました。

蒸らしの時間を計ることは大事なんですね。

 

 

そして抽出

 

我が家の自家焙煎したコーヒー豆、深煎りです。

 

この膨らみ方が大きいほど、新鮮なコーヒー豆である証拠。

ガスを抜いていくような感じで徐々に注いでいきます。

膨らむ注ぐのを止めるガスが沈む前に注ぐ膨らんだら注ぐのを止める・・・

繰り返しましょう。

それはまるでコーヒーさんに命を注いでいるかのよう。

お湯を注ぐ位置は最初のほうは中央で大丈夫です。

徐々に周りに広げていく感じです。

 

 

 

注ぎ方でさっぱり〜どっしり

お湯を注ぐスピードを早くすれば、さっぱりテイストのコーヒーになります。

細くゆっくりお湯を注ぐと、どっしりとした深みのあるコーヒーになります。

コーヒー好きさんなら毎日の日課にしてみましょう。

お好みで、この辺りも楽しんでみてくださいね。

スピードだなんて難しそう、と思わないで気軽に楽しんで欲しいと思います。

 

 

ハンドドリップにはあってコーヒーメーカーに無いもの

いかがでしょう?

お湯の注ぎ方でも随分味の変化がありそうですね。

さて、コーヒーメーカーのお湯の注ぎ方は、大抵のものがバシャッバシャッと粉を暴れさせるかのような感じです。

この注ぎ方だと、どうしても雑味が出やすくなってしまいます。

ハンドドリップでゆっくりお湯を注ぐことで、やはりコーヒーの味がワンランクアップしますよ。

そして、お湯を注いだら最後まで落としきらないでおきましょう。

最後まで落としてしまうと、これまた雑味の原因となってしまいます。

途中で外しましょう。

こんな感じで蟻地獄のような形は理想的❤

 

 

まとめ

  • コーヒーの味がワンランクアップ、ハンドドリップに挑戦
  • 道具は一度揃えれば、長く使える
  • マグカップ、ドリッパーを温めておく
  • 新鮮なコーヒー豆でガスの膨らみを楽しもう
  • コーヒーに命を吹き込もう
  • コーヒーは全部落としきらない

以上となります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました