業務用 コーヒーミル、カリタに愛を込めて 

コーヒーのおすすめアイテム

家で夫婦二人で飲むのなら、ミルの一度に挽ける量はさほど気になりませんでした。

そのため手動の石臼式ミルでガリガリしたりしていました。

ゆったりした時間も楽しめて、これも又いいです。

ただ、プレゼントにしようと思った時、さすがに手動で、100g以上挽くのは大変 汗

かと言って家庭用の電動ミルは粉の大きさに、ものすごいばらつきが出ます。

粒の大きさがばらついていると、雑味が出てしまう原因になります。

そこで業務用ミルを購入してみました。

最近、我が家に仲間入りした業務用ミルのご紹介です。

 

 

家庭用電動ミルって?

我が家では、プロペラ式の家庭用の電動ミルを使うことがありました。

二人分のコーヒーならこちらを使うことも多かったです。

プレゼントする豆を挽くためには、

やはり家庭用とだけあってたくさんの豆を一度に挽くことは出来ませんが、

手軽なのは否めません。

でもプロペラの刃が豆に対して均一に当たる訳ではなく、ムラになってしまいやすいのです。

ある一定の場所の豆ばかりに当たると、微粉が大量に生じていしまい、苦くて渋いコーヒーになってしまうのです。

どこにどのような具合で挽かれるかは、日によって違う可能性が高いため、同じ味にはならないでしょう。

プレゼントする豆、美味しく飲んで貰いたい❤

 

 

 

手動式ミルは

夫が気に入ってよく使っています。

ガリガリする手間がかかるのですが、美味しく飲むために、それすら楽しんでしまっています。

価格も手頃で、手軽に買えるのも魅力。

お手入れもそんなに必要ありません。

粒の大きさは割と揃っています。

そのため、苦味やエグみが出にくいです。

男性が使うには好みの方が多いかも知れません。

夫も好きですし、夫の友人も先日、手動式のミルを購入することに決めたそうです。

 

 

今回購入したのはカット式

夫が吟味して購入したカリタの業務用ミル・・・

カット式はカフェや喫茶店で多く扱われています。

もっと大きなものを使っているかと思いましたが、我が家にやってきて、あら可愛い❤

そんなに場所を取らず、インテリアとしても楽しめます。

細びきから粗びきまで、ダイアルをセットするだけ。

好みの大きさに挽くことが出来ます。

とにかく均一で美しい引き具合。

挽き終わる迄の時間も1人前ならわずか10秒!

だからプレゼント用のまとまった量の豆でも、簡単に綺麗に挽けてしまうのです。

 

 

今までのコーヒーがググっと美味しくなった

豆の挽き方でこんなに味が変わるのか!

と正直驚いています。

少しづつコーヒーに関して色んな勉強をしてきました。

今までの私は、豆から挽いて飲めば、どんな方法で挽いても美味しく飲めるものだと思っていました。

家庭用のプロペラ式のミルだって十分だと思っていました。

今回、カリタの業務用のカット式ミルで飲んでみて、今まで知らなかったことを後悔しました。

挽き方がこれ程重要だとは・・・

本当に粉が美しいのです。

同じ大きさに揃った粒。

しっかりときちんとした美味しさを引き出してくれます。

 

 

価格は2万円越え

夫は、業務用ミルを買うのにヤフオクなどにある中古品も考慮したらしいのですが。

ずっと使い続けるだろうと言うことで、新品を購入♪

カリタの業務用 コーヒーミル

カリタ コーヒーミル ナイスカットG

業務用とだけあって確かに高額 汗

しかし毎日のコーヒーがこのミルのお陰で、とても満足行くものになりました。

もう家庭用のミルを使おうとは思いませんね。

コーヒーが美味しいと、心が幸せな気持ちで満たされていきます。

だから私達は、美味しく飲めるように追求して行くことををやめないのでしょう・・・

 

 

結局、私達も大満足な買い物

そもそもプレゼント用のたくさんの豆を挽くために、業務用を求めたわけですが。

結果、格段にコーヒーの味が美味しくなりました。

高価な買い物ではありましたが、長く使っていくことが出来るでしょうし、とても満足しています。

とにかく、絶対に外せない点はカット式であること!

カット式であれば綺麗に豆が挽けます。

でもやっぱりお友達には豆でプレゼントして、飲む直前に挽いて欲しい 笑

我が家で挽いてからプレゼントするのは、一番の芳香が終わってしまうので。

手動の臼式の物ならお手頃に購入できます。

迷ったら、お気軽にご相談ください♪

 

 

まとめ

  • 友人にプレゼントするたくさんの豆を挽くために、業務用ミルを購入
  • プロペラ式のミルは粉の大きさにバラつきが出る
  • カット式であれば均一に挽ける
  • 驚くほどコーヒーの味が上がった
  • 結局、自分たちが大満足な買い物となった

以上となります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

  1. […] コーヒーミルについての記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました