これだけは知っておくべき。オフィスでのコーヒータイムを快適にする方法

コーヒーマシーン オフィス コーヒーの事

仕事中・・・

ちょっとキリが良い所でコーヒーブレイクって良いですよね♪

コーヒーメーカーも良いけれど、

コーヒーメーカー

以外に手間がかかるもの 汗

洗い物も結構出ますよね。

手軽に美味しいコーヒーがサッと出来て、飲むことが出来れば、次の仕事もはかどりそうですよね。

我家の場合、朝のコーヒーはその日をスタートするのに、拍車をかけてくれるものとなっています。

自家焙煎したコーヒー豆、ハンドドリップで淹れた珈琲は、私達にパワーを与えてくれて、話も弾みます。

お互いの仕事の予定からプライベートの予定をすりあわせて行ったり、コーヒー豆ショップを開店したい旨の夢を語り合ったり・・・

妄想も膨らませてくれる飲み物となっています。

毎日、色々な味わいを楽しめるのも幸せな気分になってしまいます。

オフィスでのコーヒータイムを快適にする方法を、考えてみました。

 

 

インスタントコーヒーだけは避けたい

最近はカフェの普及率も上がり、美味しいコーヒーを飲める場所も増えてきました。

コンビニでは豆から挽く、ドリップコーヒーも飲めてしまうのですから 驚

100円という値段も魅力的で、ついつい買ってしまう一品。

さてオフィスでのコーヒーは、どうしていますか?

瓶詰めのインスタントコーヒーでしょうか?

インスタントコーヒー

そうそう、2ヶ月前まで勤めていたパート先では瓶詰めのインスタントコーヒーでした。

バタバタした中で、ホッと一息つきたいときに・・・

ちょっとインスタントコーヒーじゃぁな、と残念にも思っていました。

インスタントコーヒーは私にとっては、味が均一すぎてしまって・・・

深みとかフルーティーさとかまでは味わえないんですね。

パワーも感じられないためか、話が弾む、ことも難しいかもです。

 

 

ドリップパックを持参

そんな中、1杯立てのドリップパックコーヒーは便利ですね♪

大手のスーパーでは自社プライベートブランドから、とても低価格にて売られていたりします。

味は・・・

というと、ちょっと残念なことは確かなのですが。

もし、もしですね

香り高い美味しいコーヒーが飲みたいと思っい立ったが吉日。

ドリップパックを手作りしてみませんか?

ドリップパック

美味しいコーヒーでパワーアップすれば、仕事の能率も上がることでしょう。

本格的に淹れたコーヒーを飲みたい。

オフィスでは仕事に追われながらで、中々、難しいですよね。

1杯立てのお湯を注ぐだけのコーヒーだったら、同じお湯を注ぐでも、インスタントコーヒーとは一味違うものがいただけますよ♪

挽きたての豆であるなら、香りも立ち込めることでしょう。

香りも一緒に嗅ぐことで、リラックス度も増しますね。

 

 

スーパーで売られている粉

スーパーで売られている挽いた状態の粉。

いつの豆かもわかりませんし、挽いたらすぐに淹れないと、酸化が進んでしまいます。

コーヒーを購入するなら、是非の状態で。

ご自宅にミルが無いようでしたら、豆を挽いてもらったら、直ちに冷凍してしまってください 笑

冷凍することにより酸化を遅らせることは出来ます。

冷凍しても少しづつ、酸化は進んでいます。

ミルをお持ちでしたら、豆の状態でお持ち帰りして、やはり冷凍保存が良いでしょう。

その場で焙煎してくれるコーヒー豆ショップから購入するのが、ベストですね。

 

 

ドリップパックを作るため用意するもの

コーヒーの粉を抽出するための

  1. ドリップパック
  2. 外袋
  3. シーラー

これだけは準備しましょう。

ブロガーさんが手順など詳しく書いてくださっています

↓↓↓

ドリップバッグを自作してみる

手作りお弁当を作る感覚で、その日飲みたいコーヒーを朝作るのが、新鮮なコーヒーを味わえるのでベストですね。

でも実際、習慣になるまではそのひと手間が中々、出来ないもの。

週末やお休みの日に作って、冷凍しておき、冷凍庫から持っていくというものは、どうでしょう。

 

 

 

作り置きおかず感覚で

作り置きおかずを休日に作って、冷凍しておく。

これをコーヒーにも活かしちゃおうという感覚です。

一週間分のドリップパックを作って、冷凍しておく。

まとめて作る作業は、きっと楽しい物になるかと思います。

出勤の日には、冷凍庫からサッと取り出すだけ。

自作した美味しいコーヒーが既にカバンの中に準備出来ている安心感。

どのタイミングで飲もうかと、思いを馳せる。

幸せな気分に浸れそうですね。

 

 

まとめ

  • オフィスでだって美味しいコーヒーを飲みたい
  • 瓶詰めのインスタントコーヒーは残念
  • 煎りたて、挽きたてを冷凍保存
  • ドリップパックを自作
  • 手作りお弁当感覚でコーヒーを楽しもう♪

以上となります。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました