気がつけば心の在り方が変化していました

ゆとりを楽しむ コーヒー

我が家は、猛暑日と言われる日でもエアコンをつけません。

冷やしすぎると感覚がおかしくなってくるというか、汗を止めてしまうのが苦手なのです。

 

なので暑いですが(汗)窓を開けて、扇風機で過ごしています。

職場ではエアコンがキンキンに効いているので、帰宅してからが温度差でダルくなってしまったりしますが・・・

 

私が子供の頃はエアコンは無くって、扇風機で過ごしていました。

中学生になったくらいに購入していましたが、基本エアコン無しで育ってきたので、エアコンには弱いほうかと思います。

 

とは言えエアコンの効いた部屋に入れば、気持ちが良いですし、快適。

家ではなるべく自然な形をとりたいなと思っているわけです。

 

さて今回は私の心の在り方が変化してきた事を書いていきます。

バリ島の温泉

コーヒー豆屋とは心の豊かさをご提供していく事なのかな・・・?と感じながら

焙煎したてのコーヒー豆の香り、味わい、そんなコーヒーを片手に会話したり、スイーツを食べたり・・・

 

コーヒーって単なる飲み物というカテゴリーにひと括りに出来ないような、それに付随するゆとり、豊かな時間というものも得られる飲み物なんだなって思います。

 

ゆとりの時間をより良いものにする・・・お客様は美味しいのは勿論、素敵な時間を過ごして頂きたいのです。

私達夫婦がコーヒー豆を販売してきて、お客様もそういった豊かな、方からのご要望が多いのにとても感謝しております。

 

こういったお客様に通じていきたいと、私達もゆとりを大事にしていきたいと日々精進です。

気持ちをどっしりと構え、落ち着きを持ち、本当に気に入ってくださったら購入してくれれば良い!

 

高圧的に売り付ける、なんてことは到底出来ませんし、私自身、こういった方から商品を購入しません。

 

笑顔は大事。でも無理はしなくて良いかな?先ずは自分のワクワクすることを大切に。

人間には感情が有りますから、いつでも笑顔で居るというのは難しいと思うのです。

でもその時々で現れてきた感情には、蓋をせずきちんと味わってあげて、感じて上げれば又、心は穏やかな気持ちになっていきます。

 

今有るものに感謝する。

そういう気持ちで居られれば、常に豊かなんだと思います。

当たり前を当たり前としない、ふと一人になった時間、このブログを書きながら、家族が元気で居てくれること、いつも前向きに生きて行けていることに感謝しています。

 

そしていつも少し先のワクワクを意識しながら過ごすこと。

ゆとりをもって早起きして、娘を送り出した後の主人の淹れてくれた自家焙煎のコーヒーをありがたく戴く。

 

当店のお客様もこんなゆとりをお楽しみ頂けるように、私達も商品を作らせて頂いております。

 

まだまだ精神の高みを目指していくことは、修行半ばではありますが、日々少しずつ少しずつ、一生続けていきたいと考えています。

それでは

これからもあなたのからだ気遣う優しい優しい珈琲

幸珈琲をよろしくお願いします 長 美幸

 

いつもありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました