♦夫がバイクで転倒。足首を擦り剥き膿が出てたのは、まさしく毒出し。絹の靴下でお手当。

バイクで転倒 体調管理

パート勤めをしながら、夫の焙煎した珈琲豆を売るのに、2019年3月から小さく起業しました。

毎週木曜日実家ガレージで販売したり、https://chocoffee888.official.ec/オンラインショップでも販売しています。

屋号は幸珈琲〈さちコーヒー〉❤

小さく始めて、パート勤めも続けながら、楽しく続けられて行っています。

今回は、夫が怪我をして膿が出てしまう程だったのだけど、キチンと意味のある事だった、ということを書いてみたいと思います。

毎日、毎日、毎日、、、、、、

大好きなバイクに乗っている夫。

殆ど事故などすることなく(当たり前ですが)楽しく乗っています

私から見ると、夫の食生活は乱れている(笑)と感じるのですが、時々毒出してるなぁ・・・と体さんのありがたみを見守っています。

その夫の乱れた食生活というのは、甘い物(菓子パン大好き)、コーラは毎日、お昼は添加物多めの加工品を良く食べているかと思います。

実際に見ていませんが、行動から感じます(笑)

添加物や甘い物の毒素は、消火器(内臓は大事だから)に迷惑を掛けないようにするため、関節に移動してきます

食べ過ぎも毒となりますが、そういったことで毒がいっぱいになって来ると、躓きやすくなったり、怪我しやすくなってしまいます。

普段は躓かないようなところで、思いもよらず躓いてしまったり・・・

敏捷性も失いやすくなるからなんですよね。

体の声に耳を傾けると「ちょっと食べずに休んで」と言っています。

夫はバイクで転倒し、その日はブーツを履いていなかったし、足首をズリッとやってしまいました。

相手は居ません。単独で転びました。

夫の足首は、膿は出てきているし、腫れているし、本当に痛々しかったです。

何か薬を塗るとか、消毒しなくては!!!( `ー´)ノ と慌ててしまうことがほとんどかと思いますが、もうそのまんま(笑)

只、重ね履きの靴下でキチンと温めて、絹の靴下を当てることは、毎日してくれていたので、治りは早かったと思います。

靴下の重ね履きについてはこちら↓↓

私は、夫の

靴下を毎日手洗いすることで、膿の量やかさぶた具合を確認できました。

擦り剝き傷とは違いますが、捻挫も毒出しで、湿布などで冷やしてしまわずに、温めることが大事です。

捻挫で(今回の夫の怪我もそうですが)患部が腫れて熱を持ち、血管を広げて毒出しを促してくれているのですよね。

それを冷やしてしまっては逆効果

応急処置としては湿布も良いかもしれませんが、温めて血行を良くして排毒を促せば、治りが早いです。

やっぱり食べ過ぎや毒を体内に入れないことが一番なんですね(^_-)-☆

内臓に負担を掛けまいと、関節に移動してくる毒。

首、肩、腰、手首、肘、膝、足首、・・・体の中のジョイントを担ってくれている、つなぎ目部分

こういった場所が痛い、痛いというのはよく聞きます。

加齢でも疲労でもなく、体さんが毒を出してくれていて、「もうこれ以上毒を入れないでね」とサインを出してくれているんです。

義理の父・・・ひざ痛が多い

義理の母・・・肩が痛いとしょっちゅう言っている

夫・・・腰痛があったり、足首は学生のころから怪我しやすい

娘・・・汗が盛んに出る時期は、殆ど全関節に酷い痒み→汗疹→ジクジクなったりします

そして

私・・・足首腫れて、浮腫んで血は、どす黒さが透けて見えてたり(>_<)全関節&足全体は酷い痒み→血が滲む→かさぶた→汗が盛んに出る間は繰り返し

と本当に凄まじいのですが、それだけ自分が毒を入れてしまっている訳だし、出してくれる体さんに感謝です。

だから家では殆どエアコンは使わず、汗をじゃんじゃんかいて一年の毒を出しまくっています(笑)

涼しくなって汗をかかなくなると、痒みも治まり、毒だしも弱まります。

で、夫の怪我も義理の母の骨折も、同じ様な時期。

娘はここに書いたことがばれたら怒られるかと思いますが、(笑)、お尻を蚊に刺され、そこを搔きむしって、膿が出ていました。

夫と同じ時期。(笑)

親子だな(笑)と、毒出しが上手くいっている事を嬉しく思います。

ということで、怪我も毒出し!で、キチンと意味があるということを書いてみました。

sachi.coffee
幸珈琲のインスタグラムでは日々のコーヒーの入れ方や、実家ガレージでのお店のこともアップしています💕

Instagram:@sachi.coffee(長 美幸)

     :@atelier.kimiko(ハンドメイドのページです)     

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました