7年後、50代主婦になった時、生きがいを持つことができているのか・・・

海外旅行 コツコツと

生きがい

ハート型の雲にワクワク❤

 

 

40代に入ってから会社に頼らない生き方を始めた

夫がサラリーマンを辞めたのは、ちょうど私が40歳になった時でしたが、不安は全く無かったといえば嘘になります。

ですが、何より夫が水を得た魚状態になったのが、見ていて嬉しく感じました。

 

「何か起業したいね」

「好きなことをやっていれば大丈夫。」

 

という何とも軽いノリでここまでやって来れました!

 

サラリーマンの時のように安定した収入が毎月得られなくなったので、お金を自分たちで作っていくという感覚を肌身で感じることが出来るようになりましたし、お金に対する思いもよぉく考えるように変化してきました。

 

毎月、安定した収入が決まってあれば、余り深く考えずにお金を使ってしまっていたことはあったかと思います。

 

7年前に手放した自家用車は、我が家にとっては最も浪費なものと捉え、その後お金が残るようになって来て、車なしの生活も工夫次第で出来るという面白さも発見出来ました。

 

私は出産後も「ずっと専業主婦」でいるつもりで居ましたが、今は週6日ペースで掛け持ちのパート勤めをしています。

時にはクリーニング屋さんに娘を連れて行ったりもしながら、自分の与えられた時間を最大限生かしながら、収入を得ることができています。

 

3年前の私からしたら正に別人です 笑

 

今、自分の時間を最大限生かしながらの収入で満足しているのか?と問われれば本当はもっと稼ぐことが出来ないかといつも考えています。

 

いえ、稼ぐということだけではなく何か自分の好きを人様に提供して、喜んでもらいたいと思って始めたのが、手煎りの自家焙煎コーヒー豆を紹介していくというもの・・・

 

夫が趣味でコーヒー豆の焙煎を始め、約3年経とうとしますが、コーヒー豆にとても詳しくなり味も自由自在に操れるようにもなり、お友達に自信を持って紹介できるようになって来ました。

 

石の上にも3年ですね、本当に!

 

私たち夫婦、特に夫はコーヒーが大好きで、自分で煎った豆で淹れたコーヒーを飲むのは、至福の時間となっているようです。

 

 

50代にはどうなっていたいか?と確認しながら過ごす方法

私の場合、出産は35歳で50代の頃には中学生〜高校生くらいの子育てをしているという感じになります。

 

子供が居ると子供の年齢を先ず考慮して、その上で自分がどうなっていたいかを上乗せしていくような感じで捉えていますが、その頃の娘は、部活に勉強にかなり忙しい毎日を過ごしていることと思われます。

 

体調をなるべく崩さぬよう、元気を保てる食事作り(お弁当作り)を基本とし、快適で居心地の良い住環境を整えることをして、私はというと、一人で過ごすことも多くなってきているでしょう。

 

子供から手が離れ時間が出来た頃には、自分の好きをたくさん出来るような時間と、人様に喜んでもらえることに生きがいを感じられている毎日を過ごしていたいと思うのです。

 

43歳である今、少しづつでもいいから行動する事と、ピンときたことを大事にしていこうと考えています。

 

 

イオンに行かなくなった理由は、大手から個人へという考え

「イオンお客様感謝デー、行こう♪行こう♪」

というイオン大好き人だった私ですが、最近ではめっきり行かなくなって個人のお店に応援チケットとしてお金を使いたいな、という考えに変わってきました。

 

全く大手企業を利用していないというわけではありませんが、チェーン店よりも個人の飲食店にお金を使いたいなと思いますし、自分も商品を提供するために動き出して、個を大事にしたいという気持ちになって来ました。

 

それにイオンって、ポイント何倍とかなっているとついつい買いすぎてしまうのですよね 汗

 

しかし、これが必要だからあの店に買いに行こうと思ったり、人と人との繋がり等も気にするようになってきたのでしょうか、個人商店が気になるようになって来ました。

 

その品物を売ってくれる人に対し、感謝の気持でお金を渡し、またその方が喜んでくれて感謝され良い循環が生まれる・・・

 

そういうお金の使い方、感謝の気持の循環が、ナチュラルに出来るような50代主婦になっていたいと思います。

 

 

どんどんとストレス度は下がりつつある

2年前から掛け持ちのパート勤めを始めましたが、お陰様で人間関係には恵まれておりますし、少しづつ経験を積んでこられているので、働くことが精神的にどんどん楽になってきました。

 

何よりも今一番時間を費やしているところなので、ここが快適であることは重要ですね。

 

今後の目標として、コーヒー豆を売っていくという生業を始めたということで、女性起業家の方と多く交流を持って行きたいと考えています。

 

同じような境遇の中、自分の好きを大事に働いていらっしゃる方と共に過ごすことが出来る、ともに成長をしていくことに、喜びを感じることが出来るような関係を作れたら良いな・・・

 

この一年で人付き合いで無理をすることをやめたからか、人間関係もだいぶ変化してきて、会わなくなった人も数人、新たに出会えた人も数人・・・

 

自分が望んだ人が、身近に引き寄せられています❤

 

そして我が家は、旅行とは贅沢なものとして、中々出かけることも無かったのですが、最近では楽しむためにお金を使い、アメリカを始め先日も釜山で楽しんできました。

 

海外旅行は自分を成長させてくれるものと捉え、そこに掛かる費用は投資だと思い、お金を使う事を始めましたが、単純に楽しくてワクワクするからという理由が大きいでしょう 笑

 

 

健康管理はバッチリで病院に行くことは無し

ほとんど病気知らずで、風邪も引くことなく毎日快適に過ごせていますし、40代に入り健康への不安が高まってくるお年ごろとはこれっぽっちも感じることは無いです。

 

毎朝欠かさず飲むお白湯のお陰で、きちんとデトックスすることができているので、毒を溜めることなく体がクリーンに保たれているからだと思います。

 

クロワッサン屋さんに勤めだしてからは、朝は4時半に起きるようになり、早寝早起きが定着してきたのも、時間を大切に出来てストレス度が下がってきている良い傾向になっています。

 

 

お金に関して今は

もっと豊かになりたい!とお金に執着する時期がかなり長い期間ありましたが、やっと執着が手放せていけています。

 

好きを紹介していけるという、自家焙煎コーヒー豆を売ることを始めて、買っても買ってくれなくてもどっちでも良いみたいな感じ、自分たちが愛情込めて作ったものを飲んでくれるだけで、ありがたいという気持ちになれたのもあります。

 

コーヒー豆屋さんを始めたと話すと、買いたいと言ってくださる方もいらっしゃって、本当にありがたく感動してしまうのです。

 

もちろんお金を戴けることは頑張りがいがありますし、どうしたらもっと喜んで頂けるかなど、商品をより良くしていくために改善していく知恵を絞る事もするでしょうし、開発すること、事業を拡大するときのための資産となりますから、お金が集まってくることは望んでいます。

 

私は、お金が大好きで、お財布には新札のみ入れて、気持ちの良いエネルギーを込めてお金を使うようにしています。

 

お金とは感謝の気持で返ってくるエネルギーとされていますから、使い方と日々感謝しながら生きていれば、自ずと得られるものだと気づいたから、執着する気持ちを手放せたのだと思います。

 

さて、50代になった頃には夢であるアメリカへの移住を果たしたいですし、実現するには十分な資金を創る必要があると思いますが、目標を設定していますし、生きがいとなる生業を楽しみながら続けていけば実現できると信じています。

 

そのためにも浪費を控え、お金は本当に必要なものに楽しく使い、掛け持ちのパート勤めで海外旅行費を捻出し、お金を増やす勉強をし、収入を得るためのパイプの数をどんどんと増やしていきます。

 

切羽詰まることなく、楽しみながら自分の好きを大事に毎日を大切に、夢ある50代に向かって邁進して行きます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました